5015

川 端 画 学 校
明治42年 川端玉章により日本画の専門技術養成を目的に小石川区高坂町に設立。本科予科・研究科・夜間科を設け、山田敬中 島崎柳塢 大村西崖らが指導。
大正3年 玉章死去。翌年洋画部併設。
主幹を川端玉雪、教授は日本画 山田敬中 結城素明、洋画部 藤島武二らが当たる。 
大正6年 財団法人となる。 

日本画部 出身者
落合朗風 小松均 岩崎巴人
洋画部 出身者
海老原喜之助 野口弥太郎 糸園和三郎 横山潤之助 原精一
横山操

(出身者など今後も増える予定。)